--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクルートの方法-2 ホームページを作ろう!

2009年03月17日 12:07

yun_707.jpg

2.ホームページを作成する。

ブログだと更新が大変、仕事もありなかなか続かないと言う方はホームページ開設がお勧め。

当サイトではすぐ使えるホームページを無料でご用意しています。

詳しくはこちらをご覧ください≫


ご自分で新しくホームページをお作りになる場合は、多少のスキルが必要となります。

ホームページビルダーなどを使って作成する方法もありますが、

私が行っている無料でホームページを作る方法をご紹介します。


まず、ネット上で無料テンプレートを探します。

例えば、

tempnate
Cool Liberty
や、
テンプレート無料サイト紹介

などから気に入ったテンプレートを見つけてダウンロードしてゲットします。

出来ればスタイルシート(css)ファイルがHTMLファイルとは別になっているものが良いと思います。

HTMLのみですと、ページのレイアウトを整理するのにたくさんのタグを駆使しますが、

CSS を使えば簡単にもっと細かく作れるようになります。

レイアウトだけじゃなく、文字の大きさや色、字体、行間なんかも自由自在になります。

ページの外にスタイルの設定を書き込んだシートを作って、

これをページに適用することができますから、

たくさんページを作ってもスタイルを設定したシートを修正するだけで、

すべてのページを修正することができます。

cssについては、

超初心者のためのスタイルシート講座
とほほのスタイルシート入門

などを参考にされると良いでしょう。



テンプレートをゲットしましたら、フォルダを開きファイルを確認します。

大体index.html、style.cssファイルとimg(画像)フォルダが収納されています。

必要な画像はimg(画像)フォルダへ入れて行きます。

index.htmlがトップページのファイルになります。


次にページ構成を決めていきます。

作成される前に良く検討してページを決めてください。

作成が進んでからページを追加すると、

全ページのカテゴリなどの直しをしなければならないので面倒なことになります。

私はいつもそれで失敗してます(笑)。

ちなみに私のホームページの場合は13ページで、

HOME-index.html
GDI会社概要-gdiinc.html
.wsドメインサービス-ws.html
システムと報酬-system.html
DTFダウンビルダー-dtf.html
費用と報酬受取り-money.html
世界のインターネット事情-net.html
よくある質問-faq.html
リンク-link.html
特定商取引法表示-tokusho.html
ご登録案内-entry.html
プライバシーポリシー-privacy.html
会社概要-corporate.html

と言う構成で、これがそのままカテゴリになります。参考≫

この他に別窓の外部リンクが13ほどあります。



次に、ホームページの作り方をやはりネット上で参考にしながら作成していきます。

例えば、

初心者が教えるホームページの作り方
ホームページの作り方(ホームページを作ろう!)

などを参考にすると分かりやすいかと思います。

上記を参考にして行けば、テンプレートが無くてももちろん作成できます。

ただ、ある程度デザインもカッコいいものを望むのであれば、

やはりテンプレートからさがすのが良いかと思います。

テンプレートからの作成が分かりにくい場合は上記を参考に作成しても良いと思います。


テンプレート利用の場合は以下に進みます。

index.htmlファイルをダブルクリックしてページを開きます。

ページ上で右クリックし「ソースの表示」をクリックすると、

メモ帳(Notepad)によるソースが出てきますので、ここにタグを記述していきます。

新しく記述しましたら「ファイル」から「上書き保存」をクリックし常に更新しておきます。

内容の変更を確認するには開いているページの更新ボタンをクリックし確認していきます。


トップページが完成しましたらindex.htmlをコピーして、

フォルダ外デスクトップなどにペーストし、

初めに決めたトップページ以外に必要なページ名を作成して行きます。


index.htmlを例えばgdi.htmlと名称変更してindex.htmlがあるフォルダに戻します。

これを繰り返して必要分のページファイルを作成して、

このページを元にメインコンテンツ部分を修正しながら各ページを作っていきます。


各ページを作成しましたら、色や文字の大きさなどを変更する場合はスタイルシートで調整します。

全て完成しましたらGDIのあなたのサーバーやFC2などの無料サーバーにアップロードしましたら完了、

ホームページアップです!


上記の作成には正直ある程度の時間と手間、根気が必要となります(´∀`)



もう少し手間無く作成する方法があります。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

基本的にはポータルサイトを作るためのオープンソースのCMS(無料コンテンツマネージメントシステム)

ですが、XOOPS(ズープス)を利用する方法です。

普通のホームページ作成にも全く問題ありません。

お勧めはXOOPS Legacy「ホダ塾ディストリビューション」です。

ある程度必要なモジュウル(プログラムソフト)が最初から格納されています。

XOOPSとモジュウル-「文系のためのXOOPS入門」から
ブログのように“ここに文章を書いてボタンを押せば公開されるだろう”という場所が存在しない初期状態のXOOPS。ここで考えないといけないのは、ブログとCMSの根本的な違いである。
 ものすごく大雑把にたとえると、ブログはゲームウォッチ、XOOPSはファミリーコンピュータである。ゲームウォッチ(ブログ)は最初からゲーム(書いた文章を簡単に表示できる機能)が一つ入っている。だから、単体だけで遊ぶことができる。ファミリーコンピュータ(XOOPS)はそれだけであればただの箱である(※実際にはブログもXOOPSもそんな単純なものではないが、イメージ的にわかりやすい説明ということでお許し願いたい)。スイッチを入れても黒い画面が表示されるだけ。遊ぶためにはカセットを買ってきて差し込まなければならない。このカセットにあたるのが「モジュール」と呼ばれるプログラムである。ようするに、XOOPSをインストールしたばかりの状態ではなにもできないのは当たり前なのだ。焦る必要はまったくない。お茶でも飲んで一息ついてからモジュール探しの旅に出掛けよう。


XOOPS Legacy「ホダ塾ディストリビューション」は、

さがしに行かなければいけないモジュールがいくつか搭載済みです。



作成は全て管理画面から一括で行えますので短時間で作成、修正などが可能です。

ただし、このソフトウェアはPHP+MySQL(データベース)が使えるサーバーでないと使用できません。

GDIのサーバーはPHPの使用はできますが、MySQLについては対応してないと思います。


XOOPSの説明をすると寝ないで一週間ほど掛かると思いますので(笑)、

下記を参考にすると良いと思います。

XOOPSについて一番丁寧で分かりやすいサイトです。

文系のためのXOOPS入門


参考-私のXOOPS Legacy「ホダ塾ディストリビューション」によるホームページ≫


ホームページ作成は楽になりますが、XOOPSを理解しサーバーにアップするのに頭の程度が

私と同じくらいだとかなりの時間を要します(T_T)

ホームページ作成が好きじゃないと現実的ではないかもm( _ _ )m

ホームページ作りに挑戦したい方は是非検討してみてください。


また、XOOPSの場合はレンタルサーバーに費用が発生します。

下記レンタルサーバーはPHP+MySQLが使えて非常に安価です。

TOK2プロフェッショナル



以上ざっくりと私のホームページ作成方法をご紹介しました。

細かいところまでは言及できませんが、ご参考になれば幸いです。

ホームページ作成につきましては、またあらためて書いてみたいと思います。



GDI+DTF詳しくは以下より!

GDI+DTF概要
┣GDI+DTF早分かり
┗GDI日本語案内オンラインDVD


GDI+DTF登録案内
┣GDI日本語登録案内
┣DTF日本語登録案内
┗GDIメンバーズエリア案内



登録特典と販促ツールについて
┗登録特典と販促ツール


GDI+DTF登録
┗GDI+DTFへの登録はこちらから
GDI+DTFへの登録はこちらから



Photo by (c)Tomo.Yun
人気ブログランキングへ

あなたのやさしさでぽちっとね♪
ありがとうございます。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gdidtfjapan.blog73.fc2.com/tb.php/67-a3658209
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    ■Warp!設置リンク